加工2.jpg

about us

dendenpapaについて

dendenpapaってどういうお店?

​パパとママが心から安心してくつろげるお店を目指しています。

お子様とは、私たちスタッフが中央のラウンジスペースで遊びます
(※1)
パパとママは、お子さまに危険がないように個室から見守っていてください。
​外出はできませんが、少しだけご自分の時間を楽しまれてください。


ドリンクメニューが充実していて、飲食の持ち込みは自由。
しゃぶ禅のおいしいお弁当のご注文も承ります(※2)

抗菌素材を内装の大半に使用した清潔な店内では、
スタッフが常におもちゃの消毒を行い、
ご家族やママ友と個室の中で過ごせるので密になりづらく、
コロナ禍でも比較的安心して過ごしていただけます。

WiFiやコンセントも完備で、作業にも集中できます。

dendenpapaは、この建物の持ち主が
子育てに奮闘するパパやママが安心して商店街に足を運び、
リフレッシュできる空間の提供を目指して作った、
世界のどこにもないオリジナルのお店です。

今はまだスタッフは店主の家族だけ。
ゆくゆくは専門の知識を持つ方を仲間に迎え、
大変な子育ての中で「dendenがあって本当に良かった」と
言っていただけるお店にしてまいります。

 

​※1)スタッフは、受付・清掃・電話応対等でお子様のもとを離れる場合がございます。
   保護者様には個室から常にお子様の様子を気にかけていただき、安全管理は保護者様の責任とさせていただきます。
   また、ハイハイ前の小さな赤ちゃんは基本的に個室の中で一緒にお過ごしください。
​※2)しゃぶ禅のお弁当は、dendenpapa受付でご注文をいただき、店内までお運びします。
   お弁当代のお支払いに限り、現金のみの取り扱いとなります。
​   お弁当のご注文受付時間は11:30~14:00です。

 

dendenpapaってどういう意味?

 [Den]という英単語には、例えばこんな意味があります。

 「 ゆっくり過ごすための私室 」

 「 こどもたちが遊ぶときの隠れ家 」

 「 動物たちの住むほら穴 」

 

 dendenpapaが目指すのは、街のまんなかにある「こどもたちの遊ぶ隠れ家」であって、「おとなたちがゆっくりとくつろぐ快適な部屋」です。

 

 “でんでん”と2回くり返すのは、“わんわん”“ぶーぶー”といった幼児語をはなす小さなこどもにも親しみやすい音にしたかったから。

 

 “まま”ではなく“ぱぱ”で締めるのは、人目を気にせずにくつろげる個室で、ママだけではなく、たとえ子育てに慣れていないパパでも気兼ねなく使えるお店にしたいからです。

 

 この名前は、私たちのおぼろげに思い描いた「小さなこども連れのお母さん​お父さんが心から安らげるお店」にピッタリだと、実はこのお店のことを初めて考えついたその時に決めた名前です。

 

運営会社

株式会社ベルモードスズキ

仙台市青葉区一番町三丁目10番23号 ベルモーズビル5階

TEL :022-222-8001

業種 :不動産賃貸業

資本金:3,000万円

​設立 :1950年3月